「LightViewer」iPhoneをポジフィルムのライトビューアーにするアプリ

「LightViewer」iPhoneをポジフィルムのライトビューアーにするアプリ


lightviewer

iPhoneをポジフィルムのライトビューアーにするアプリ「LightViewer」の紹介です。ポジフィルムのライトビューアーって結構高いですよね。そこでiPhoneをライトビューアーにしてしまおうというナイスアイデアのアプリです。

恐らく写真をやってない人は何のアプリか分け分からないかもしれませんが、ポジフィルムで写真を撮った後、現像の具合をチェックするためにポジフィルムをライトの上に置いて確認します。そのライトをiPhoneでやってしまおうというアプリです。

lightviewer2 lightviewer3

lightviewer9 lightviewer10

アプリを起動し、カメラのようなアイコンをタップするとこのような画面になります。画面を上下に指でスライドさせると明るさの調整が可能です。この上に撮ったポジフィルムを置いて確認します。より良く確認するために、iPhone側の設定で画面の明るさをMAXまで上げておくと良いと思います。

市販のポジフィルムのライトビューアーを買うと結構高いです。数千円から高いものでは数万円しますよね。そういう意味でこのアプリだとコストパフォーマンスもいいと思います。またiPhoneなので携帯性に優れており、気軽に持ち歩く事ができます。ポジフィルムファンにとってはかなり便利なアプリだと思います。

lightviewer4 lightviewer5

また、画面をダブルタップするとカメラロールの写真を取り込んでポジフィルムっぽく表示させることもできます。設定画面でフレーム変更や名前の変更も可能です。

lightviewer6 lightviewer7

lightviewer8

フレームのデザインは3種類から選べます、私は黒が好きですね。ステンレスもいい感じ。

ただ写真をiPhoneから取り込んで使用する場合は、縦の写真だと勝手に調整されて写真の縦横比がおかしくなってしまうのが欠点です。一般の人でも楽しめるように、ここはバージョンアップに期待したいですね。

追記:バージョンアップで縦の画像も縦横比がおかしくなることなく横向けに表示されるようになりました。これは結構嬉しいです。

とはいえ本物のポジフィルムのライトビューアーとして使用する場合はiPhoneの携帯性の高さもあってなかなか便利に使えるんじゃないかと思います。ちょっとした確認に良さそうです。ポジフィルムとiPhoneの間にトレぺ(トレシングペーパー)を敷くとより実用性がアップするようです。ポジフィルム大好きな写真愛好家のみなさまにいかがでしょうか?

AppStoreでLightViewerを見るicon


»
«



コメントの方法がわかりません
Reactionsとは?

人気記事一覧