「Quick Calendar」好きな写真を背景にカレンダーが作れるアプリ

「Quick Calendar」好きな写真を背景にカレンダーが作れるアプリ


quick-calendar1

保存されている画像をこのアプリのカレンダーとくっ付けて壁紙を作るものです。お気に入りの写真を撮ってカレンダーにもできますし、メモに予定を書き込んでカレンダーと組み合わせれば簡易のスケジュール帳になります。

quick-calendar2

始めにカレンダーの素となる画像を用意します。アプリを開き「読み込み」をタップして画像を読み込ませます。

quick-calendar3 quick-calendar4

上にある○か月と書いているところをタップし何ヶ月分表示させるか選びます。そして保存を押せば完成です。

quick-calendar10

あとは壁紙を設定すれば、オリジナルカレンダーのできあがりです。

quick-calendar5 quick-calendar6

作成画面の上部の○月‐○○○○年をタップして好きな月のカレンダーも作れるので年間カレンダーだって出来ちゃいます。

quick-calendar7

メモ帳やお絵かきアプリなんかと組み合わせればこんな感じで見やすいです。これはFastFingaを使って書いたものです。

ちょっと難点なのはiPhoneの壁紙自体の表示時間が短いということです。ロック解除ボタンをチョットだけ動かしておけば消えないのでこれで長い時間カレンダーを確認できます。製作者様の意図とは少し違いますがこのアプリでカレンダーを見るのもありかと思います。無料で使えるアプリなのでオリジナルのカレンダーを作ってみてください。

AppStoreでQuick Calendarを見るicon


»
«



コメントの方法がわかりません
Reactionsとは?

人気記事一覧