「Simplify Music 2.0」iPhoneから自宅のiTunesを聴く事ができるアプリ:解説付き

「Simplify Music 2.0」iPhoneから自宅のiTunesを聴く事ができるアプリ:解説付き


simplify-music33

iPhoneで外にいながら自宅のiTunesにアクセスし、iTunes内の音楽やポッドキャストが聞ける素晴らしいアプリ「Simplify Music 2.0」の紹介です。これはかなり便利なアプリだそ!Wifiだけじゃなくて3Gでも接続できるのがミソだ。

Simplify Music 2.0の使い方

Simplify Music 2.0はすごく便利なアプリだが、専用ソフトをPCにインストールするなど下準備があるので初めての人にはちょっとわかりにくい。そこで使い方の解説です。

まずPCにSimplify Mediaをインストールしよう

まずはSimplify Media – Downloadからお使いのPCにあったソフトをダウンロードしてインストールしよう。WindowsやMac版があるのであなたの環境でどうぞ。

ダウンロードしたらそのファイルを開くとインストーラーが開くのでそのままインストール作業をすすめよう。インストールが終了すると、

simplify-music2

こんな画面になるので、screennameとpasswordを入力しよう。パスワードは両方同じだよ。もちろん分かりますね。screennameは好きなものをどうぞ。あとこういうのはメモなりなんなりを取っておいてね。

simplify-music22

次もこんな入力画面になります。Display Nameはお好きなものを、EmailはフリーメールのGmailとかでOK。Computerの名前は好きな名前を入れればOKなんだけど、分かりやすいように自宅のパソコンならHome、仕事用ならBusinessとかの方がいいかもしれないね。

simplify-music23

最後にどこに接続するかの設定だけど、上から2番目のiTunes library and playlistsを選べばiTunesに接続できるのでそれを選択。NextをクリックすればOK。完了したらiTunesのデータを読み込み出すのでちょっとゆっくり一服しておくといい。ちなみに画像はWindowsだけどMacでも同様。

Simplify Music 2.0を購入しよう

有料のアプリなのでこればっかりは買わないと使えません。使いたい人は買ってください。この記事を最後まで読んでいらないと思ったら買わなくてよし。とりあえず最低でも上記PCへのインストールが出来た上で買うといいかも。買ってからインストールできねーってなったら悲惨だし。350円。

AppStoreでSimplify Music 2.0を見るicon

Simplify Music 2.0の初期設定

といっても超簡単です。アプリを起動すると

simplify-music24

こんな画面になるので、PCにインストールする際にメモしておいたScreen Nameとパスワードを入力。Doneをタップして設定完了。おつかれさまでした。

Simplify Music 2.0を使ってみよう!

起動すればPCで設定した「スクリーン名-コンピューター名」とあるはずです。接続中ってなってると思うのでちょっと待とう。データがかなり多い場合は最初だけ少し時間がかかると思う。完了したらそれをタップ。

simplify-music25 simplify-music26

iTunesライブラリ出たー!プレイリストまで出てきますよ。iPodな感じですね。あとは曲をタップすればバッファが始まり曲が流れます。曲をシャッフルさせることも可能です。右の+マークをタップすればお気に入りに追加する事ができます。

simplify-music27

simplify-music28 simplify-music29

右上のartistでアーティスト情報全部見たわけではないから知らないけど基本的に英語で表示。その右のlyricsは歌詞表示。ただ日本の曲はあまり出てこないです。洋楽なら結構出てきます。歌詞やアーティスト情報はlast.fmのデータが表示されます。再生の際は曲をバッファして読み込むのですが、スピードに関してはそれほど時間はかかりません。3Gでもそんなに時間はかからないでしょう。また先読みしているみたいなので曲の繋ぎもスムーズに繋いでくれます。なかなかすごいです。

simplify-music30 simplify-music33

simplify-music31

ミクまでアーティスト情報出てくるんかい(笑)おもしろいな。ちなみにジャケット写真の有り無しはiTunesで自分で設定した場合は出てきます。設定していない場合は出てきません。あとiTunesのアルバムアートワークを入手するで引っ張ってくるジャケット写真も少なくとも僕のでは出てきません。大人の事情で出てこないようになってるんでしょう。表示させたい人は設定しましょう。左下の+をタップすればお気に入りに登録できます。

simplify-music32

このようにお気に入りを登録すればアプリ内でプレイリストのようなものを作る事ができます。これは便利。あえて言おう!けいおんなら翼をくださいが一番おすすめだ!

simplify-music34 simplify-music35

simplify-music37 simplify-music36

検索機能も優秀で、この手の海外系アプリにはありがちな日本語非対応ってわけではなく、日本語でも検索できる。英語はもちろんだ。ただたまに検索にかからない事もある。その辺は広い心でお願いしたい。

悪いところ

  • 基本的にPCが起動していないと利用できない。
  • 音楽を聴きながら他のアプリを使えない。
  • 3GとWifiでは音質が異なる。
  • DRMのコンテンツは再生できない。

これがデメリットです。根本的にこのアプリはPCを起動中のみ使えます。ですので常時起動しておかないと意味がありません。元々常時起動している方はいいですが、そうでない人は抵抗があるかと思います。

あとアプリを起動している間は他のアプリが起動できないのでメールチェックなども出来ません。音質に関しては3G回線の場合少しこもります。少し音質が下がるといっても普通に聞けるレベルなので、私は特に気にはなりませんでした。Wifiの場合、音質の差は特に感じられませんでした。

それとDRMがついたものは再生できません。デジタル著作権管理-Wikipedia。なのでiTunes storeで購入した曲などは再生が不可能です。

良いところ

  • 容量関係なしで好きなときに好きな音楽を聴ける。
  • 他の人とiTunesライブラリを共有できる。

容量関係無しというのは音楽を大量に持ち歩く人にとって非常に大きなメリットです。また同時にiPodなどを持ち歩かなくてもいいのですごく便利。

もう一つは他の人とiTunesのプレイリストを共有できるという事です。共有すれば相手のiTunesライブラリも再生が可能です。これがおもしろいところでしょう。

共有方法はタスクバーに最初にインストールしたSimplify Mediaのアイコンがあるはずです。そこをクリックすればSimplify Mediaが表示されるので「Invite」をクリックして友人なりなんなりのScreen nameを入力して招待しましょう。すると相手はこちらのiTunesライブラリの曲を聴けるようになります。

このように招待したり招待されたりして他の人と共有することで、実質の曲数が増えていったり、普段聞かない曲が見つかったりするのが大きな強みでしょう。ちなみに招待は30人まで可能です。

注意してもらいたい事は他人のiTunesを聴くときももちろんその人のPCが起動していないといけません。

このアプリはデメリットもあるものの、大きなメリットや可能性を秘めたアプリだと思います。音楽好きな方には是非ともおすすめしたいアプリです。常時インターネット接続のiPhoneならではのアプリでしょう。是非この楽しさを味わってみて下さい。

AppStoreでSimplify Music 2.0を見るicon


»
«



コメントの方法がわかりません
Reactionsとは?

人気記事一覧